弁護士に借金のことを相談するなら早めの方がいいのです

自分の身近で実際にあった話です。
親子2代でやっている自営業者がありました。
調子のいい時もあったので、カードはかなりの額借りることができるようになっているし、枚数も多く持っています。
そして自営業なので、子どもは仕事をしていなくても、そこの事務員、とすればカードを作ることが可能です。
また、働いている息子のカードをその親が持っていました。
実は数年前から傾きかけていたのですが、会計管理をする母はそれを誰にも言わず、借入してそれを不足分にあてていたのです。
毎月の返済額は一定にはなっていますが、枠が空くとまた借りるので、永遠に返し終わりません。
そして、それを返済するお金がなくて、また別のところから借り入れます。
典型的な自転車操業にはまり込んでいたのですが、それを誰にも言わずに続け、結局子どもたちの名義のカードも限度額いっぱいいっぱい使ってしまっていたので、家族全員自己破産という大変な状態にまでなってしまったのです。
そうなる前に、きちんと弁護士に借金の問題を相談しておけばこんな状態にはならなかったのですが、どうにもなりません。
ただ、この状態になっても、弁護士はきちんと対応し、助けてくれます。
しかし、できれば自分でどうにもできない状態にまでなってしまう前に、早めに相談するのが得策でしょう。
借金は恥ずかしいから、と一人で抱え込みがちですが、弁護士の助けを借りて一度清算してから、またやり直すという事もできるのです。

*このサイトは現在準備中です